So-net無料ブログ作成
検索選択

ワイルド・ギース [趣味]

本日は、「ワイルド・ギース」の日。
一体なんのこと?って感じなんだけど、映画のお話、です。
マカロニ・ウェスタン祭りはやや終息した感あり、のここん家のおかーさん、突然、見たくなったのがこの「ワイルド・ギース」って映画。

ワイルド・ギース HDリマスター版 [Blu-ray]

ワイルド・ギース HDリマスター版 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: Blu-ray


1978年のイギリス映画。なんとおかーさん、封切時に映画館で見たんだって。年齢がバレちゃうよね。
きわめて女子っぽくない映画なんだけど、時々見たくなる・・・ってことで、DVD化される前にレンタル落ちVHSを購入して、自らDVD化してすっかり安心してたんだけど、久々に見てみたら、途中でブツッと止まっちゃったよ~、以降まったく動かず。チ~ン。途中までしか見られないってなるとより一層見たくなるのが人情ってもので、こうなったらDVD買っちゃう?
で検索してみたら、DVDはすでに廃盤。手に入らなくもないんだけど、どうせだったら去年発売されたブルーレイの方がいいんじゃあないの・・・にしても5000円強ってちょっと高くないかい?・・・
イロイロ悩んでるうちに、WOWOWで放送予定がある!ってヒットしちゃいました。
で、これだ!って。しかも、ネット申し込みで15日間無料視聴ができるって情報もゲット!
放送日に間に合うように申込みして、ついに今日、その日がやってきました。
解説の斎藤工くんが「この映画が好きな女子がいたら、好きになっちゃうかもしれない・・・」って言ってたんだけど、いや~ん、おかーさん、資格あるんじゃないの???なぁんてね。
しっかり録画しながら、見ましたよ。
タイトルバックからうるうる~~   もう1回見よう!っと。


ひとりマカロニ・ウェスタン祭 [趣味]

NHKのBSプレミアムを結構気に入ってるここん家のおかーさん。
何と言っても、映画をCMなしでちゃんとエンドロールまで放送してくれるので、ね。
でもイマイチ放送スケジュールのコンセプトがわからなくて、脈絡なく、いろんなジャンルの物を流してる感じだけど・・・。
で、先日、唐突に「荒野の1ドル銀貨」の放送を見つけて、焦って録画!

荒野の1ドル銀貨 HDリマスター スペシャル・エディション Blu-ray

荒野の1ドル銀貨 HDリマスター スペシャル・エディション Blu-ray

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray


そして、その2~3日後には「続・荒野の1ドル銀貨」が。

続・荒野の1ドル銀貨 ( ジュリアーノ・ジェンマ 主演 ) CCP-1023 [DVD]

続・荒野の1ドル銀貨 ( ジュリアーノ・ジェンマ 主演 ) CCP-1023 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 株式会社 コスミック出版
  • メディア: DVD


そして、同じタイミングで今度は民放の深夜放送で「荒野の用心棒」を発見!

荒野の用心棒 完全版 スペシャル・エディション [DVD]

荒野の用心棒 完全版 スペシャル・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD


これはもうマカロニ・ウェスタン祭でしょう♪
思えば、子供の頃はほぼ毎日のようにTVで映画の放送があって、「荒野の~」「暁の~」「~の用心棒」「~のガンマン」みたいなどれがどれだか区別すらつかないような邦題のついたマカロニ・ウェスタンの映画が一杯やってたなぁ・・・といきなり遠い目になっちゃったおかーさん。
あ、今時の若い人にはさっぱり???のお話でしょうかね~。
マカロニ・ウェスタンとは・・・設定上はアメリカの西部を舞台にしていながら、たいていはスペインの荒野で撮影されたヨーロッパ製の西部劇の総称です。使用言語もスペイン語やイタリア語や英語や、要はメチャメチャ。海外ではスパゲティ・ウェスタンっていうらしいけど、当時の日本ではスパゲティよりもマカロニの方が馴染みやすかったんだろうね。内容的には突っ込みどころ満載、だけど、いいの、それで。
おかーさんは、甘いマスクで女性に人気のジュリアーノ・ジェンマ派。日本語吹替えの野沢那智さんの声も相まって、それはカッコよかったなぁ。他にもクリント・イーストウッドやフランコ・ネロも人気だった、うんうん。
何より哀愁を帯びた音楽が良かったりして・・・モリコーネの「夕陽のガンマン」なんて、たまらん!
というわけで、ひとりマカロニ・ウェスタン祭のおかーさん、今日のBGMは、だれかが作ってYoutubeにUPしてくれた「マカロニ・ウェスタン・テーマ曲集(約30分)」
本日は、オタク度全開のネタ、興味のない方はスルーしてくださいね~(笑)。




またまた祝! サザン35周年 [趣味]

朝はめったにテレビを見ないここん家のおかーさん、たまたま天気予報を見ようとつけたチャンネルで突然「サザン始動!」のニュースが!
思えば、6月25日はデビュー記念日、おまけに35周年ってことで、今まで内緒にしてたらしいんだ。
ファンクラブでもな~んにもなくて、本当に「寝耳に水」状態で、ビックリ!
桑田さん単独ライブじゃなくて、サザンとしては5年ぶりのライブもあるらしいし、気持ち的ににわかに忙しくなっちゃったおかーさん。またまた、家族の皆さんにお暇をいただかないと・・・(お願い!)。
それにしても、人生の大半を一緒に過ごすことになろうとは35年前には思いもしなかったなぁ・・・(遠い目)。
ずっとずっと好きでいられて、幸せです!
ありがとう、サザン! 

おかーさんの大晦日 [趣味]

2012年、新しい年が始まりましたね。
話はちょっと遡って、去年のクリスマスにここん家のおかーさんにサンタさんがくれた[プレゼント]はこちら[バッド(下向き矢印)]
桑田さんライブチケット1.jpg
桑田さんの年越しライブのチケット[揺れるハート]
ここん家のおかーさん、なんだかんだとおよそ30年もサザンのファンをやってる・・・ってのは知ってる人もいるとは思うけど、実は、桑田さん&サザン含めても“年越しライブ”に参戦したことはないんだって。
本当は去年年末に参戦予定だったんだけど、ご存じのとおり、桑田さんの病気で中止になっちゃって。
今年は、10月に入ってから急遽開催が決まったみたいで、宿を予約したり抽選に参加したり、とバタバタバタバタ。
実は、事前に送られてきたのは、座席指定券の引換券。当日に写真付きの身分証を見せてから、初めて座席がわかる・・・っていう仕組み。
桑田さんチケット2.jpg
北側スタンド席・・・かぁ。

とにもかくにも、特別な年末になりました。

最後に、今年2012年がいい年になりますように!


桑田さん [趣味]

今朝のワイドショー、サザンの桑田さんのことでもちきり。
ここん家のおかーさんが知ったのは、昨日のマスコミ発表後のインターネット・ニュースにて。ビックリした・・・。
今年はソロ活動に力を入れてて、大晦日には横浜アリーナで年越しライブがあるってことで、とっても楽しみにしてたおかーさん。なにしろ、30年ファンやってきて、サザン、ソロ含めて数々あったはずの年越しライブ、なぜか一度も行けてないっていうんで「今年こそは!」って意気込んでたんだけど。
全国ツアーの締めの横浜公演のみ詳細がまだ決まってないってことで、チケットがいまだに発売にならず、何度も事務所のサイトやファン・サイトをのぞきには行ってたんだけど、音沙汰がなかったのはそういうことだったんだ、ってやっと納得がいきました。
初期っていうことしか発表がなくて、術後の治療がどうなるのか、全くわからない状態なんだけど、とにかくゆっくりと治療に専念してもらいたいです。
手術の負担が少ない、と言われてる乳がんでも術後2年くらいは病人気分が抜けなかったおかーさんからしても、内視鏡手術で簡単に済むらしい、とは言っても、あんまりあせってすぐに復帰とか考えてもらいたくないな。なんといってもガンですから。
手術が来月らしいんだけど、無事に成功することを祈って、何かしたいな・・・やっぱり、千羽鶴・・・?

超・うれしい~♪ [趣味]

全く身に覚えのないお届け物が今日届いたここん家。小さな紙袋の中に入ってたのは、これ[バッド(下向き矢印)]
サニーナスプレー.JPG
そういえば、とず~っと前にオンライン・プレゼント・キャンペーンに応募したことを思い出したおかーさん。懸賞に当たることなんて縁がないと思ってたから、とっても嬉しい!んだそうで。中身はお尻ふき、なんだけど(笑)。なにしろ、この手の物ってお店で買うのもちょっと勇気がいる・・・って感じもあるので、素直に嬉しいな~。早速使ってみようっと。
これだけなら、特に記事にするほどの事じゃないんじゃない?って思われそう、だよね~。
同じ袋の中に同封されてた封筒の中身を見て、さらにビックリしたここん家の人たち。
JTB旅行券.JPG
JTB旅行券。なんと10000円分。 
い、一万円・・・目を疑いました。稼ごうとしてもそうそう簡単に手に入る金額じゃないヨ~。
これも、プレゼントキャンペーンを見つけ出して応募したおかーさんへのご褒美、ってことで、ありがたく受け取りましょう[exclamation]
花王さん、ありがとう[かわいい]

ヤング・ゼネレーション [趣味]

ここん家のおかーさん、珍しくアニメ以外のDVDを見てるんだけど、それがこれ[バッド(下向き矢印)]




ピーター・イエーツ監督作品で1979年のアカデミー脚本賞を受賞した秀作、なのに、今までDVD化されなくて、今年2月にやっとDVD化された、らしい。
常日頃から情報収集してる、はずもないおかーさんがこれを見つけたのは、全くの偶然で「DVD化を待ってました!」ってレビューを見て、なつかしくて、つい、ポチッとしちゃいました。
この映画の公開当時って、一生のうちでも一番映画館によく通っていた頃、だったおかーさん。1週間に何本、って感じで見てたんだけど、その中でも妙に印象に残ってて大好きな作品のひとつ、らしく。
原題は、“Breaking Away” 意味がわからなくて、思わず辞書引いちゃったヨ[ふらふら]
イマドキでは珍しくなっちゃった“青春映画” やっぱり好きだな~、だって。

富士の裾野にワンルーム小屋を建てた [趣味]

定期的に通院するようになって、病院での待ち時間をつぶすために最低文庫本1冊は常に持ち歩くようになったおかーさん。とは言え、そのセレクトはおとーさんの仕事。なんでもお山に住むようになって、富士山に関する本を見るとついつい手にとってしまうようになったんだって。おとーさんが読み終わった本が自動的におかーさんに回ってくる・・・ってことらしい。
定番の新田次郎ものはほぼ制覇したおとーさん。今回は、最近出版された本を探し出してきましたヨ!

富士の裾野にワンルーム小屋を建てた (静新新書)

富士の裾野にワンルーム小屋を建てた (静新新書)

  • 作者: 今井 俊
  • 出版社/メーカー: 静岡新聞社
  • 発売日: 2008/08
  • メディア: 新書


ここからそう遠くない場所に山小屋を建てた人のエッセイ。ローカル色一杯で「うん、うん、そうだよね~」って頷きながらあっという間に読めちゃったんだって。特に「『アシタカ山』がどうして『愛鷹山』になったか」ってお話に、おかーさん、イタク感動しちゃったらしいヨ。
お山生活のことを知りたい方にオススメしま~す♪

Continue [趣味]

いいお天気が続くお山地方・・・さわやかな風と紅葉、最高の季節です[わーい(嬉しい顔)]
10.28.JPG
ところで、最近のおかーさんのお気に入り SEAMOって人が歌う「Continue」って曲。TVドラマ「夢をかなえるゾウ」の主題歌です。
「夢をかなえるゾウ」とは? 原作が気になりつつ読んでなかったおかーさん、ドラマ化を密かに楽しみにしていたにも関わらず、小栗旬主演のスペシャルドラマを見逃してしまったので、水川あさみ主演の深夜ドラマの方は何がなんでも~の意気込みで毎回録画して見てま~す。
で、ドラマを見てるうちにエンディングに流れるこの曲がとってもよく思えてきたんだって。これまたおかーさんの好きなエルガーの「威風堂々」がベースになってるから(?)か、ラップにもかかわらず耳に馴染みやすくて・・・暇さえあれば聴いてます。とっても前向きな歌詞で、あまのじゃくなおかーさんが「好き!」って言うのもちょっと照れますが・・・。
おまけにSEAMOって人、おかーさんと同じ愛知県一宮市の出身なんだそうで・・・いきなり親近感を覚える、ってのも妙なんだけど・・・注目しちゃおう!

読書の秋 [趣味]

秋です。今年の秋は、『読書の秋』です。今おかーさんが読んでるのは、こちら。

ハリー・ポッターシリーズ全巻セット

ハリー・ポッターシリーズ全巻セット

  • 作者: J. K. ローリング
  • 出版社/メーカー: 静山社
  • 発売日: 2008/07/23
  • メディア: 単行本


シリーズが始まってから、ずっ~と継続的に読んではいるんだけど、最終巻が出てすぐには購入せず、古本が出るまで待つ!って言ってたはずなのに、なぜか突然新刊を購入。そろそろ出てるかな~と思って、古本屋さんに行ったんだけど、期待に反してまだ出てなかった[たらーっ(汗)]っていうのが真相らしいけど。古本屋さんの隣にあった本屋さんにふら~っと入って、レジの前に山積みされてた「死の秘宝」2巻セットを買っちゃったそうな。
毎度のことながら、3日で読破。全てのナゾが解けた今、もう一度始めから読みたくなって、また改めて読み直してます。
あ、そうそう、古本屋さんでは、このDVDを見つけて買っちゃった。

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(1枚組)

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(1枚組)

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD


これで発売されてるDVDは全部揃った~! ということで、当分はハリポタ三昧。
一方ハナちゃんは、と言えば、今読んでるのはこちら。

赤毛のアン (新潮文庫 モ 4-41 赤毛のアン・シリーズ 1)

赤毛のアン (新潮文庫 モ 4-41 赤毛のアン・シリーズ 1)

  • 作者: モンゴメリ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2008/02
  • メディア: 文庫


従兄弟のお姉ちゃんに、シリーズを全作借りて読み始めたんだって。女の子なら是非とも読んでおかないと!っていう作品。おかーさんももう一度読み直してみようかな~だって。